ヒガンバナが咲き出しました

やっと夏の暑さから解放されて、朝晩はだいぶ涼しくなってきましたね。


先日彼岸入りしてからお庭でも、ヒガンバナがチラホラと見受けられるようになりました。


作業中は間違って踏みつけないよう、注意力が必要です。


毎年ヒガンバナが咲き出しますと、年の暮れまで庭師の繁忙期がスタートします。


お施主様のお庭の前を通り過ぎる度に、まるでお庭の中から松の木が、早く剪定に来てくれと呼びかけられてるような気になります。



最新記事

すべて表示

できる限りお客様との接触する機会を避けております。 お見積りの際はアルコール除菌、マスク着用の徹底、お客様との距離を取るなどを守り、玄関先などの室内へ入る事は有りません。 作業時はほとんどお客様との接触は無く、従来通りお茶菓子などを御遠慮させて頂いております。 お手洗いなどを借りる事なく、休憩時は近くのコンビニなどへ出掛けます。

今年の梅雨明けは『記録的な』早さで明けましたね。 その後まだ6月というのに、35℃以上の猛暑日が続いて『記録的』な暑さ。 そして7月に入り、今日は日曜日だけど現場に行こうとしてましたがあいにくの『記録的な』大雨。 最近の地球はご機嫌ナナメですかねぇ? 閑話休題 それはさておき、今年は例年に比べてスズメバチの巣によく遭遇します。先日インスタの方で写真をアップしましたので、興味がある方はご覧下さい。

ようやく名古屋も例年より遅く梅雨入りしましたね。暫くの間は雨降りが多くなり少々困りものです。 晴耕雨読と言ったもので、雨の日は潔く休みにするというのが良いのですが、なかなかそうも言ってられません。 この時期は草木が急激に成長し、花の終わったサツキなどの刈込時期でもあるため忙しい時期でもあります。 そんな時ふと軒下に目をやると、成長してきた雛に餌を与えるツバメの家族の営みをを見ると、一生懸命に生きて