入梅の侯

ようやく名古屋も例年より遅く梅雨入りしましたね。暫くの間は雨降りが多くなり少々困りものです。


晴耕雨読と言ったもので、雨の日は潔く休みにするというのが良いのですが、なかなかそうも言ってられません。


この時期は草木が急激に成長し、花の終わったサツキなどの刈込時期でもあるため忙しい時期でもあります。


そんな時ふと軒下に目をやると、成長してきた雛に餌を与えるツバメの家族の営みをを見ると、一生懸命に生きてるなぁと学ばされます。

最新記事

すべて表示

先日、オミクロン株対応の2価ワクチンとインフルエンザ予防接種をしてきました。引き続き感染防止対策を徹底していきたいと思います。 現在、2023年のご予約を開始しております。伸びきってしまいました庭木の剪定は、冬のうちに行うことをオススメします。お問い合わせお待ちしております。

現在大変混み合っており、直ぐの対応が出来かねてしまいご迷惑をお掛けしております。年内のご予約はほぼ定員に達しており、現在キャンセル待ち若しくは、年明けからのご案内となっております。私どもは少人数で日々作業に当たっておりますので、ご了承お願い申し上げます。

やっと夏の暑さから解放されて、朝晩はだいぶ涼しくなってきましたね。 先日彼岸入りしてからお庭でも、ヒガンバナがチラホラと見受けられるようになりました。 作業中は間違って踏みつけないよう、注意力が必要です。 毎年ヒガンバナが咲き出しますと、年の暮れまで庭師の繁忙期がスタートします。 お施主様のお庭の前を通り過ぎる度に、まるでお庭の中から松の木が、早く剪定に来てくれと呼びかけられてるような気になります